エスカレートしていく誹謗中傷体験

誹謗中傷を受けて自分が行ったこと

彼は、変わらずSNSやブログにコメントを残していましたが、一方で私に対して不満があると周囲に言っていたと噂で聞きました。接客をしている時に突然怒り出すこともあり、情緒不安定のように感じ、それが余計に恐怖でした。

ホスラブ上での誹謗中傷が止まることは無く、むしろ事実無根なことも書き込まれることもありました。こんな嘘は誰も信じないで欲しいと思いましたが、同意する意見も書き込まれているのを見て落ち込みました。

書き込みが始まってから大分経ち、私は初めて自分でも書き込みをしようと思ってしまいました。少しでも早く無くなって欲しかったのです。私のプライベートについて嘘が書き込まれてすぐに、間違いであることを指摘しました。すると、それは間違いであったとすぐに思い知らされました。

火に油を注いだようにターゲットにされ、いわれのない攻撃を受けました。悪意に満ちた書き込みを見ていると人格を否定されているように感じ、涙がでてきました。悩みに悩みましたが、ホスラブの運営に削除依頼をすることにしました。

【参考】ホスラブの書き込み削除依頼

削除依頼をしたが続く書き込み

誹謗中傷が書き込まれてから時間が経っていたのですが、残っているものは消して欲しいと思い、削除依頼フォームを送りました。しかし、数が多すぎること、削除はレス単位で行われることから自分でもどれを削除したらいいのかわからなくなりました。

店のスレッドを消して欲しいと思いましたが、まずはプライベートのことが書き込まれているレスを読み返して削除依頼しました。結果、数が多すぎた為、消しても新しいものが書き込まれていく状況になりました。

何度も依頼することができないので中々思うようにはいきませんでした。更に続く書き込みを見て目の前が暗くなっていきました。

長期間削除依頼を続けて

自分の店のスレッドをチェックしては自分のことが書き込まれているのを目の当たりにして傷つき、時間を置いて削除依頼をしたのですが効果はなかったように思います。

段々とどうにでもなっていいと思ったり、でも自分の知らないところで貶められていると思うと悔しくてじっとしていられないと思ったり、完全に仕事以外の時間はそのことばかり考えていました。

そして信じていた人が書き込んでいるかもしれないという恐怖、プライベートをネットに載せた後悔が私を襲いました。そして気がつけばホスラブだけではなく他のSNSにも私の誹謗中傷が拡散していました。もはや自分では止められない状態でした。

Leave a Reply